So-net無料ブログ作成
検索選択
仕事とか ブログトップ
前の10件 | -

「宇宙戦艦ヤマト2202」第一章 2月26日より上映開始! [仕事とか]

『宇宙戦艦ヤマト2202』第一章が2月26日より劇場にて上映されます!
2週間限定となりますので、お時間のある方は忘れずに足を御運びください。
http://yamato2202.net

前作『2199』との違いは…前売券が発売されていること。それもポスター付きです(^^) ちなみに、第二章でも前売券の発売が決定しています。2月頭から多くのメディアでも取り上げていただいているので、前作より動員が伸びるといいなぁ。(内容については公式サイトで)

追記:今回も諸々御手伝いさせていただいています。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

ゴーショーグン@Blu-ray BOX発売! [仕事とか]

『戦国魔神ゴーショーグン』初のBlu-ray BOXが発売!
http://king-cr.jp/special/goshogun/
GSG_01.jpg

サンプルをいただいたので中身をご紹介します
○ディスクは全部で8枚
 TVシリーズ全26話:4枚
 劇場版2作(4:3):1枚
 サントラCD:3枚
○新規ブックレット
○『時の異邦人』劇場パンフ縮刷版
○オマケのポストカード

GSG_03.jpg
GSG_02.jpg

 ディスク面には、初期LD-BOXで本橋秀之さんが描かれたイラストをお借りしました。CDは3枚なのでもちろんトライスリーを! 当時のファンとしてはアルファベットのロゴも思い出深いですよね。デザイナーさんナイス!
 『時の異邦人』劇場版パンフ縮刷版。これが意外と読めますw じつは私は当時購入できなかったので、かなり嬉しい一品です。徳間書店さんご許可いただきありがとうございます。
 ブックレットは以前紹介したように、小山茉美さん、湯山邦彦さんのインタビュー。氷川竜介さんの解説などを掲載しています。
 いのまたむつみさんが描き下ろしたジャケットイラストのポストカードバージョンも同梱! 「時の異邦人」のパンフと並べると感慨深いですね。

 初のBlu-ray化ということもあり、TVシリーズ、劇場版2作全てをHDテレシネ。昨今の視聴環境(液晶TV)とデジタル放送に慣れた眼に合わせフィルムの粒子感を潰す方向で作業をしていただいています。なので、かなり綺麗だと感じていただけるはず。特に『時の異邦人』はかなり綺麗です。ちなみに、ビスタで公開されていた劇場版2作はフィルム原版を検証し、4:3のマスクを新たに設定。既発DVDとはちょっとだけ違う画角になっています。
 サントラCDは3枚ですが、中身は既発サントラ8枚から1作目の劇場版ドラマサントラ(音声トラック)とダブリ分を外し全音源を収録。総収録時間212分16秒というとんでもないものになっています。ビクターと徳間ジャパンからマスターをお借りし、キングレコードのスタジオで仕上げるという行為にもちょっと感動。トライスリーがゴーショーグンになっていく感じ?(^^)
 このCDには、未CD化音源も収録しているので、買い逃している方は是非こちらも楽しんでください。しかし、無理矢理入れているので構成はオリジナルのままではありません。ご勘弁ください。

とにもかくにも、全部入りってやつです。この機会に是非!

Amazonだと4万ほどになっていました(^^)

追記:4/10
アマゾン本体が確保していた在庫がなくなったからなのか、今は楽天ブックス/セブンネットショッピングの2店舗が最安値のようですね(価格ドットコム参照)。こちらも在庫限りでしょうから、気になっている方はお早めにご判断を。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

獣戦機神ダンクーガ@Blu-ray BOX [仕事とか]

『獣戦機神ダンクーガ』Blu-ray BOX
発売日:2016年04月27日/販売:キングレコード
価格:¥53,700 + 税
DISC構成:全8枚
 TVシリーズ全38話
 OVA『失われた者たちへの鎮魂歌』
 OVA『GOD BLESS DANCOUGA』
 OVA『獣戦機隊SONGS』
 『獣戦機隊ライヴ やってやるぜ!』
 OVA『白熱の終章』ACT.1〜4
 ・映像特典
   TV第1期ノンクレジットOP&ED
   『白熱の終章』ACT.4ノンテロップED
   超合金CM
○パッケージイラスト:羽原信義
○ブックレット(1色8P)
 作品解説
 各話スタッフリスト
 イラスト寄稿/いんどり小屋
 羽原信義コメント

 既発BOXをベースに、LD以来29年ぶりにソフト化される『獣戦機隊ライヴ やってやるぜ!』を追加収録! ブックレットには、いんどり小屋さんからの寄稿イラストを掲載しました!(スペースは小さいです。ご了承ください)
 『獣戦機隊ライヴ やってやるぜ!』が今回の売上げにどれだけ影響があるのかは分かりません。まして、スパロボ以降のファンには響かないのも承知しています。ただ、これで関連映像ソフトのコンプリートBOXになったことで(ですよね?)、放送当時からのファンが少しでも購入しようかどうしようか…と悩んでいただける要素になれば嬉しいです。

 個人的には久しぶりに、いんどり小屋=スタジオライブのみなさん(只野和子、松下浩美、小林早苗(現・近永早苗)、吉松孝博、神志那弘志、山内則康)に連絡できたのも嬉しかったです。(^^)

※敬称略

追記:
現時点でwebショップなどには古い情報が掲載されており、関係各位にはご迷惑をお掛けしています。申し訳ありません。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

戦国魔神ゴーショーグン@Blu-ray BOX [仕事とか]

『戦国魔神ゴーショーグン』Blu-ray BOX
http://king-cr.jp/special/goshogun/
発売:2016年4月6日/販売:キングレコード
価格:50,000+税
収録Disc:BD5枚+CD3枚
『戦国魔神ゴーショーグン』初のBlu-ray! TVシリーズ全26話に加え、劇場版2作『戦国魔神ゴーショーグン』『〜時の異邦人』を4:3で収録! CDには既発の全サントラを収録!(ダブり分はカットしています)また、『〜時の異邦人』劇場パンフレット縮刷版、新規インタビュー掲載のブックレットも同梱!

 ブックレットと同梱CDの構成をお手伝いさせていただきました。湯山邦彦監督と小山茉美さんの取材ではドキドキしたりして、放映当時から作品のファンだった自分を思い出しました。また、同梱CDでは未CD化だった2枚のアルバムも収録できたのが嬉しかったです。ビクター(現フライングドッグ)さん徳間ジャパンさんには感謝しています。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

機動戦士ガンダム サンダーボルト@太田垣康男さんインタビュー [仕事とか]

アニメイトTVで、漫画『機動戦士ガンダム サンダーボルト』の作者・太田垣康男さんのインタビュー記事(全3回)が掲載されました。漫画から入った方も、アニメから入った方も、是非この記事を読んで再度作品に触れていただけると嬉しいです(^^)

第1回/アニメ化された今だからこそ聞きたいことをたっぷり伺いました。
http://www.animate.tv/news/details.php?id=1454632056
第2回/コミックス第1〜3巻と、第4巻以降の構成や演出がなぜ違うのかについて伺っています。
http://www.animate.tv/news/details.php?id=1454727439
第3回/太田垣さんから見た、第1作『機動戦士ガンダム』でのアムロとシャアの立ち位置について伺っています。
http://www.animate.tv/news/details.php?id=1454739251
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

『機動戦士ガンダム サンダーボルト』インタビュー [仕事とか]

アニメイトTVで、
漫画『機動戦士ガンダム サンダーボルト』の作者・
太田垣康男さんのインタビュー記事が掲載されました。
アニメ化された今だからこそ聞きたいことをたっぷり伺いました。
(全3回)
http://www.animate.tv/news/details.php?id=1454632056

チェック後の原稿を見ていないので、
どこがカットされているのか、されていないのか…ドキドキです(^^;;
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

ヤマト2199 星巡る方舟@夜マトーク [仕事とか]

5月26日に開催した「宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟」BD&DVD発売前夜マトークの記事がupされています。イベント上映から始まり新作劇場版まで作られたシリーズ。その最後になるかもしれないオフィシャルイベントだけに、記事のまとめかたもそれぞれで面白いです。

◎アニメ!アニメ!
「ヤマト2199 星巡る方舟」出渕裕総監督、最後のヤマトークで新展開に意気込み見せる
http://animeanime.jp/article/2015/05/27/23444.html

◎芸能ニュースラウンジ
「宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟」リボンかシュシュで現場混乱!600カット直し秘話も
http://newslounge.net/archives/171514

◎マイナビニュース
出渕監督「修正部分は無意識下で情報の厚みとして感じて欲しい」-『宇宙戦艦ヤマト2199』ヤマトーク
http://news.mynavi.jp/articles/2015/05/27/yamato2199/

◎そこ☆あに
細かなこだわりが無意識下で情報の厚みになる – 『宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟』Blu-ray&DVD発売前夜マトーク
http://sokoani.com/archives/9226.html

◎シネマトゥデイ
「ヤマト2199」イベントが一区切り!人気声優・中村繪里子、ファンとの再会願う
http://www.cinematoday.jp/page/N0073446

◎amiami hobby news
出渕裕総監督も登壇 『宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟』Blu-ray&DVD発売前夜マトーク リポート
http://news.amiami.jp/event/2015/05/9823.html

◎電撃ホビーweb
『宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟』Blu-ray&DVD発売前夜マトーク開催
http://hobby.dengeki.com/news/73037/
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

2/28-3/1開催@「ヤマト2199」コンサート2015 [仕事とか]

2月28日、3月1日に開催される
宮川彬良 Presents『宇宙戦艦ヤマト2199』コンサート2015
チケット一般発売中です!
http://yamato2199.net/info/news/610/

このコンサートのポイントを大まかにご紹介しましょう。

1.「本編に使用している劇伴を演奏したミュージシャンによる演奏」
主にオーケストラによるコンサートというのは、すでに亡くなった作曲者による譜面を現代の指揮者が新たな解釈を奏でます。しかし、このコンサートでは、作曲者自らが指揮を振り、スタジオ収録時と同じ演奏者が奏でます。それはまさに、限られたスタッフしか入れなかった録音スタジオの再現。言い方を変えれば「初演」をこれ以上高い再現性で楽しめるコンサートはまずないでしょう。

2.「追憶の航海+星巡る方舟」
すでに、コンサートでの演奏曲が幾つか発表されています。それによると、シリーズ第1話〜第24話までをまとめた「追憶の航海」と、その後の新エピソードを描いた「星巡る方舟」の劇伴が、それぞれ1部、2部として演奏されます。つまり、この2作で使われた音楽を順番に聴くことによってヤマトの航海を追体験できる構成になっているのです。音楽的な構成を主に考えると必ずしも作品本編での使用順にはならないのは、サントラCDやLPの購入経験がある方ならご存じでしょう。しかし、そこを敢えて…という構成ですから、これは期待せずにいられません。

 音楽を聴くだけでなく「ヤマト」という作品も楽しめるようになっている今回のコンサート。ロックやポップスのライブに比べると少々チケットは高いかもしれませんが、楽器編成がオーケストラとほぼ同等だと考えると高額とは言えません。また、一流のスタジオミュージシャン数十人による演奏を生で楽しめる機会はほぼありませんので、貴重なチャンスともいえます。これはヤマトファンならずとも、音楽ファンにとっても生で聴く価値はかなり大きいといえます。
 アニメに限らず、物語と映像に音楽が加わることで完成するのが映像作品ですが、その記憶を呼び起こす要因としては、何故か音楽が大きな比率を持っていることがわかっています。このコンサートでもきっと、全26話のシリーズ、「追憶の航海」、「星巡る方舟」を観た時と同じ楽しみが客席を包んでくれることと思います。

約2時間たっぷりヤマト音楽を堪能できるコンサート。
お時間に都合がつくようでしたら是非お越しください。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

ヤマト2199 追憶の航海@イベント上映初日 [仕事とか]

昨日は「宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海」のイベント上映初日。
http://yamato2199.net
舞台挨拶のため、有楽町・丸の内ピカデリーと、横浜ブルク13へ行ってきました。

 登壇していただいたのは、沖田十三役の菅生隆之さん、スターシャ役の井上喜久子さん、監督の加戸誉夫さん、構成・脚本の森田繁さん。そしてスータシャのイメージした衣装に身を包んだスペシャルゲストの森下悠里さんに、新生ヤマトガールズのみなさん。丸の内ピカデリーではサンキュータツオさんに司会をお願いし、私は台本と横浜ブルク13の司会を担当しました。
 多くのマスコミさんにも来ていたき、すでにwebでは数本の記事がアップされています。また、スポーツ紙(デイリー、東スポ)にも掲載していただいているようです。あ、そうそう。ムービも入っていましたのでどこかの局/番組でも流れるかも。(知り合いのカメラマンがいたので、TOKYO MXの深夜枠で放送中のアニメ情報番組は確定かな)

 「追憶への航海」は既にテレビ放送しているシリーズの総集編ですが、12月公開の新作映画「星巡る方舟」への序章としてもご覧戴ければ幸いです。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

マモルの部屋@第4回 [仕事とか]

昨夜、司会として登壇した
「THE NEXT GENERATION パトレイバー/第4章」
上映記念トークイベント「マモルの部屋/第4回」を
記事にしていただきました。
ホストは総監督の押井守さん。
ゲストはスタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーです。

○シネマトゥデイ
「鈴木P、ジブリの社員をどうする?押井守の追及にタジタジ」
http://www.cinematoday.jp/page/N0066224

○日刊スポーツ
「押井監督、スタジオジブリのリストラ暴露」
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp1-20140912-1365258.html

日本テレビ「ZIP!」でも映像込みでちょこっとだけ…約2分30秒ほど話題にしていただきました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ
前の10件 | - 仕事とか ブログトップ